フィンペシアが合う脱毛のタイプ

フィンペシアは、様々な脱毛タイプに効果のあるとされている、飲むタイプのAGA治療薬です。
男性型脱毛症の原因としては、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンの一種が関係しており、これにより髪が薄くなるとされています。
このジヒドロテストステロンは、男性ホルモンであるテストステロンと5αリダクターゼが結びつくことによって生成されます。
フェンペシアの有効成分であるフィナステリドは、この5αリダクターゼを阻害する作用があり、ジヒドロテストステロンの生成を抑制することができます。
フィンペシアの使用方法としては、1日1錠、水と一緒に服用します。
食前食後に関係なく服用することができます。
効果が現れるまでに3カ月以上かかるとされています。
フィンペシアは、飲むタイプの育毛剤であるため、効果は高いですが、その反面副作用も様々あります。
主な副作用しては性機能に関連したもので、性欲減退や精子の減少、勃起不全が起こる場合もあります。
他に頭痛、腹痛、頭皮のかゆみ、胃部の不快感、発疹、動悸などが起こる場合があります。
いずれも症状としては軽いものが多く、発症した場合も服用を止めれば早期の回復が見込めます。
フィンペシアはインドで製造されている薬で、コーティング剤にキノリンイエローが使用されています。
実証されているわけではないですが、発がん性物質の可能性があると疑われています。
このため、日本では認可されておらず医師による処方は行われていませんが、個人輸入などにより購入することが可能となっています。
医療機関などで処方される薬に比べて、安価で購入することができます。
飲む育毛薬であるフィンペシアは、外用薬の育毛剤と併用することでより高い効果を得られるとされています。